倉庫・物流からトランクルームまで、トータルサポートする旭倉庫

沿革

1918年(大正7年) 11月 我が国における有力な薬品、染料の貿易関係者の発起により、資本金100万円にて「旭倉庫株式会社」設立。
1928年(昭和3年) 5月 足立区小台町に普通品倉庫のほか都内唯一の危険物大量貯蔵倉庫を建設し、主として化学品保管を中心とした「足立営業所」を開設。
1951年(昭和26年) 12月 資本金を400万円に増資。
1958年(昭和33年) 10月 資本金を1,600万円に増資。
1962年(昭和37年) 4月 資本金を3,200万円に増資。
1966年(昭和41年) 2月 運送部門を新設し「自動車運送取扱業」の免許を取得。物流の一貫体制を確立。
3月 千葉県松戸市に「松戸営業所」を開設。
1968年(昭和43年) 12月 運送事業の拡充を図るため「旭運輸株式会社」を設立。
1970年(昭和45年) 9月 千葉県流山市に「柏事業所」を開設。
1973年(昭和48年) 8月 東京団地倉庫(株)板橋倉庫のテナントとして「板橋営業所」を開設。
1976年(昭和51年) 11月 東京団地倉庫(株)足立倉庫のテナントとして「足立流通センター」を開設。
1977年(昭和52年) 12月 倉庫荷役作業の合理的な運営のため「旭流通サービス株式会社」を設立。
1982年(昭和57年) 2月 資本金を6,400万円に増資。
8月 川崎市の東扇島外貿埠頭に「川崎営業所」を開設。
1984年(昭和59年) 4月 月島事業所再開発と事業拡大のため不動産賃貸事業開始。
1989年(平成元年) 5月 物流情報ネットワークシステムの確立のため「アサヒ物流コンサルタント株式会社」を設立。
1991年(平成3年) 4月 一般消費者を対象としたホームロッカー事業開始。
1993年(平成5年) 6月 「川崎営業所」第2期工事完成。
2000年(平成12年) 10月 足立小台地区再開発のため「足立営業所」を閉鎖。
11月 「旭流通サービス株式会社]を役割終了により解散。
2001年(平成13年) 2月 情報システム管理強化のため「アサヒ物流コンサルタント株式会社」を解散し、社内に一元化。
2004年(平成16年) 5月 足立小台にアサヒレインボースクエア竣工。
2006年(平成18年) 5月 プライバシーマーク(JIS Q 15001)付与認定。
2007年(平成19年) 11月 品質マネジメントシステム(ISO 9001, JIS Q 9001)認証取得。
2008年(平成20年) 3月 足立小台に日暮里・舎人ライナー開通。
2011年(平成23年) 4月 足立流通センターを名称変更し「足立営業所」として開設。